》音大を出てない方もピアノ講師ができる理由とピアノ教室を始める時の3つのコツ

ピアノのレッスン活動「歌をうたおう」で使えるおすすめ歌唱楽譜5選

こんにちは。双子を育てながら自宅でピアノ教室を運営しているりーりえです。
こちらの記事ではピアノ教室運営のノウハウを詳しく解説していきます。

「ピアノのレッスンで歌う活動は必要なのかな?」
「歌を歌わせる時に使用するおすすめの楽譜を教えてほしい」

以上のようなピアノ教室のレッスンでの歌唱活動についての質問にお答えします。

私は小学校音楽専科として教員を10年務めた後、産休育休を経て退職し、自宅でピアノ教室を開校しました。
子育てをしながら、現在開校約一年で生徒数15人の音楽教室を運営しています。

本記事ではピアノのレッスンで行う歌唱活動におすすめな楽譜を紹介していきます。

りーりえ

小さいお子さんが生徒さんの場合、歌唱活動を必須です!

ピアノのレッスンに「歌唱活動」を取り入れる理由は下記の記事でも解説しています。ぜひお読みくださいね。

パズ

小さなお子さんが好きな楽曲や、歌唱活動を始める際の実際の声かけ例なども、紹介しているよ!

この記事を読めば、レッスン活動のひとつである「歌を歌おう」の際、指導に自信を持って、生徒さんに歌わせてあげることができますよ!

目次

ピアノレッスンで行う4つの活動

レッスンで行う活動は下記の4つです。

1 歌を歌おう(5分)
2 音符を書こう(10分)
3 リズムであそぼう(10分)
4 ピアノを弾こう(15分)

今回は 1 歌を歌おう(5分) で使用するおすすめ教材を紹介していきます。

歌唱活動の大切さ

私が大好きな言葉に「心に太陽を、唇に音楽を!」というものがあります。

こどもは「歌を歌う」ことで、感性が研ぎ澄まされ、心が豊かな人間になります。

りーりえ

実際、私は10年間小学校でこどもたちに音楽を教えてきましたが、授業でもクラブ活動でも、1番大事にしてきたことは「歌唱活動」です。

歌を歌うことでこんな効果が・・・

・一緒に歌を歌うことで、信頼関係も築くことができる

・表現することに対して臆病じゃなくなる


・身体が柔らかくほぐれて、演奏しやすくなる

歌を歌うことはいいことずくめなのが分かりますね!

特にピアノなどの、息を吹き込まずに奏でる楽器ほど、歌うことが大切になってきます。

りーりえ

なぜなら、「ピアノを弾く」ことは「歌を歌う」ことと一緒だから!

ピアノのレッスンの歌唱活動でおすすめする楽譜5選

それではピアノのレッスンで使える、歌唱活動のおすすめな楽譜を紹介していきます!

6訂版 歌はともだち(ポケット歌集)

6訂版 歌はともだち / 教育芸術社

体験レッスンの記事でも紹介しましたが、小さなお子さんでも持ちやすい、ポケット歌集です。

多くの小学校の音楽の授業で使われている楽譜で、童謡などの幼少期に歌っておきたい歌や、季節の歌、勇気や元気がもらえる心の歌など、多岐に渡って選曲されています。

年長さんから小学生の生徒さんなら、この楽譜から自分で選曲してもらって歌唱するのもおすすめです。

6訂版 歌はともだち (伴奏集)

6訂版歌はともだち 指導用伴奏集(3巻セット)

歌はともだち(ポケット歌集)の指導用伴奏美優3巻セットです。

ポケット歌集にもコードは記入してあるので伴奏はできますが、歌に合わせてより素敵な伴奏ができるのがこちら。

生徒さんが好きそうな曲をチョイスして、あらかじめ伴奏の練習をしておくと安心です。

シンプル!簡単!すぐに弾ける保育のうた12ヶ月

シンプル! 簡単! すぐに弾ける保育のうた12か月

幼稚園や保育園に通っている生徒さん向けの歌の楽譜です。

こどもが喜ぶ歌や、季節にぴったりの定番曲まで155曲が厳選して入っています。

ピアノの伴奏はとても簡単で、初見でも弾きやすいので、「伴奏弾くのが不安・・・」という方におすすめです。

保育で役立つ!0~5歳の手あそび・うたあそび

保育で役立つ! 0~5歳児の手あそび・うたあそび

小さなお子さんは手遊び歌が大好き!

レッスンが始まってもまだまだ緊張して縮こまってしまう生徒さんには、楽しい手遊びうたを試してみてください。きっとすぐににこにこ笑顔になりますよ。

すべての歌に簡単な楽譜が掲載されているので、安心です。

ピアノといっしょに50年後ものこるやっぱりいい!こどものうた

ピアノといっしょに 50年後ものこる やっぱりいい!こどものうた

何と言っても選曲がお子さんにぴったりで、「あの曲を歌いたい!」という生徒さんのリクエストにも応えられるほど、ラインナップが豊富です。

簡易伴奏なので初見で簡単に弾けるので、小さいお子さんにレッスンをするなら持っておきたい一冊です。

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、ピアノのレッスンで使用する歌唱活動におすすめな楽譜を紹介しました。

楽譜によって伴奏の難易度は違うので、自分に合った楽譜を選んでみてくださいね!

りーりえ

ピアノ教室を運営している方にとって、少しでも役立つことができたら嬉しいです!応援しています!

↓以下の記事では、初心者に教えるための最適なピアノ教本をたっぷりを紹介しています。教本の組み合わせ方や進め方なども詳しく解説していますので、ぜひごらんくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

このブログ管理人(通称りーりえ)
5歳の双子の男の子を育てるママ。昔から自分のイラストで周りのみんなに喜んでもらえることが嬉しかった。自分が描いた双子育児の4コマを見て、世界のどこかで、誰かがちょっとだけ笑顔になってくれることを、ほんの少しだけ期待。

コメント

コメントする

目次
閉じる